タイムマシンに最適!手紙や写真を真空パックしてキレイ保存☆

タイムマシンってありますよね。

もうすぐ卒業シーズンってことで、

思いついたので書いてみようと面ます。

 

卒業まぎわに、10年後、20年後の自分に向けた

手紙や写真や思い出の品なんかを、

丈夫な金属のケースに入れて埋めておいて、

決めた時期が来たら掘り返して中身をみるってやつです。

 

僕もプチ未来の自分への手紙みたいなのを

書いてたりしました。

 

例えば教科書で今10ページの部分を授業ですすめているとしたら、

教科書の50ページあたりに、

「50ページを習っている俺へ、俺は今10ページを習っている俺だ。

元気にやってるか?」

みたいな内容を書いていて、友達に見られて

恥ずかしかったのを覚えています(;´・ω・)

 

まあ、話はそれたんですが、

それの10年後、20年後バージョンですね。

 

20年前の自分からの手紙を読むって

おもしろいだろうなーって思います。

 

でも、一つ問題があるんですよね。

完全に陽気が密封されて中身に保存ガスなどが

注入されていればいいんですが、

そこまでのコストがかかってないとなると、

中身の紙や写真は時間の経過ととともに

どんどん劣化していってしまいます。

WS000042

 

そんなときに、真空パック器を使って、

手紙や写真を保存しておくと、

酸素と遮断されるので、

紙や写真が劣化することが抑えられるんですね。

 

学校のイベントでタイムマシンを考えている

実行委委員会の会長さんがもしこの記事を読まれていたら、

一度真空パック器をチェックしてみてください。

 

以上、真空パック器で手紙や写真や思い出の品を

真空パックにしてキレイに保存してみようの巻でした!