コストパフォーマンス、ランニングコストがいい真空パック器ランキング!

真空パック器を選ぶときに気になるのがコストですよね。

 

真空パック器で余った食材や料理を真空パックにして

食費を浮かせようとしているのに、

真空パック器本体が高かかったり、ランニングコスト

高かったらあまり意味がありません。

 

そこでコスト面から真空パック器を比較してみました。

 

本体価格のコスト比較

 

まずは本体価格を見てみましょう。

機種 価格
 フードセーバー 18,252円(税込み)
 真空パックンPlus 12,800円(税込み)
 DUCKY(ダッキー) 23,800円(税込み)
 BONABONAシリーズ 6,236円(税込み)

コストコ通の方にひそかに人気の

BONABONAシリーズを加えてみました。

 

本体のコスト面から見てみると、

コストコのBONABONAが格安なことがわかりました。

 

ランニングコストの比較

 

ランニングコストとして必要なものは、

真空パックに使う専用袋・専用ロールになります。

 

専用真空袋・専用ロールのコスト比較の記事は

過去に書いていますのでそちらもご覧ください。

⇒真空パック専用袋のコスト比較!一番安上がりな真空パック器はどれ?

 

コストコのBONABONAシリーズの真空パック機も、

Amazon価格ですが、エンボス加工が施されていますので、

一袋50円以上するようでした。

 

しかし、このBONABONAシリーズでも、

安い真空袋を使う裏ワザが使えると思いますので、

その方法を使えば、コストダウンが可能です。

 

まとめ

 

とまあ、こんなところですね。

本体価格で一番安いのは、コストコのBONABONAシリーズが

かなりお手頃価格なのですが、

口コミをざーっとみてみたところ、

やはり真空パックが失敗するなどの声が見受けられました。

 

パッキング作業になれてしまえば、

失敗は減らせるかもしれません。

 

あと、ボナボナシリーズの性能を見てみたところ、

真空性能が他の3機種に比べて弱く、

重量もフードセーバーと比べると重いようでした。

 

また別の記事でBONABONAシリーズの真空パック機を

レビューしてみようと思います。

 

ということで、コスト面から行くとコストコの真空パック器が

安いのですが、性能に不安が残るところということで、

やはり私はフードセーバーをお勧めします。

理由はコチラの記事をどうぞ。

私がフードセーバーをおすすめする理由とは?

 

以上、コストパフォーマンスの比較でした!



コメントを残す