私が真空パックンPlusをおすすめする理由とは?

こんばんは。

この記事を書いている今は日本全国を寒波が襲っており、

毎日激寒であります。

風邪などひいてないでしょうか?

 

今日はおすすめランキングのお話をしてみようと思います。

私のおすすめランキングでは、様々な仕様こ考慮して総合的に、真空パックンPlusを1位にしました。

 

現在日本で販売されていて、

ある程度の売れているものを探しましたが、

やはり、おすすめランキングのTOP3が売れているようでした。

 

この3機種ならどれを購入しても、満足していただけると

思いますが、それぞれの特徴を再度簡単にまとめてみましょう。

 

フードセーバー V2240

・世界で売れている真空パック器の決定版。

・価格は中間。

・真空性能は一番。

・デザインがスマート

・サイズはコパクトでGOOD

・性能面とデザインで選ぶならコレ!

 

真空パックんPlusプラス

・楽天市場では一番人気

・専用ロールが内蔵出来て、ロールカッターもついていて作業性はGOOD

・本体価格もリーズナブル

・専用ロールもリーズナブル

・コスト重視で選ぶならコレ!

 

DUCKY(ダッキー)

・集水タンク付きで水物に強い

・裏技を使わなくても汎用真空袋が使える

・ランニングコストならナンバー1

・水分の多いものをパックにすることが多い方、

・裏技を使わなくても普通の真空袋が使いたい方はコレ!

 

といった、感じでしょうか。

で、私の真空パックの使い方を考えてみました。

 

まずダッキーは本体価格が3機種の中で一番お高く、

私の場合は水分の多いものを真空パックにする予定はないので、

ダッキーはなし。

 

汎用真空袋が普通に使えて、ランニングコストが抑えられる

というダッキーの一番のメリットは、裏技を使えば

フードセーバーでも真空パックんでも安い袋が使えるので、

そこはズバッと解決!

 

真空パックンPlusは専用ロールが内蔵出来て、

ロールカッターがついていて、作業性がいいところが

一番のメリット!

やっぱりロールを内蔵できてロールカットもできるという点は
できるだけ簡単に作業したいというニーズにマッチしていると思います!

 

日本で最も売れていて、

性能も信頼できそうな真空パックンPlusを1位にしました。

 

なので、どれがいいかは何を一番真空パックにしたいのか

というあなたの真空パッキングスタイルによると思います。

 

本体価格とランニングコストをどうしても抑えたい方は、真空パックんPlus

真空パックを行う際の作業性を重視する方は、真空パックンPlus

水分の多いものを真空パックにすることが多い方は、DUCKY

真空性能とデザインにこだわる方はフードセーバーがいいかと思います。

 

以上、真空パックンPlusがおすすめランキング1位の理由でした!

気になった方は↓の公式販売サイトをチェックしてみてください。




コメントを残す